創価学会の特性

創価学会の組織運営は、ヒットラー『わが闘争』から学んだのか?

「大衆の心理は、すべて中途半端な軟弱なものに対しては、感受性がにぶいのだ」。 

「大衆の国民化は、中途半端や客観的立場の弱々しいもので怒るのではなく、目標に向かって容赦のない態度をとること、熱狂的に一方的な態度をとることによって可能となる」。 

「民衆の心を獲得することは、上記と並んで、目標の敵対者を絶滅させる場合にのみ可能である」。 

「ある運動の未来は、支持者がその運動をどれだけ正しいものであると主張し、同じ様な性質のある他の組織に対して最後まで貫き通す熱狂、いや不寛容さによって左右される」。 

「構成員を、闘争を何か自然な成長に任せて良いものと考えるのでなく、自ら追い求めなければならぬものと見なすように教育しなければならない」。 

「この運動は、人物に対する尊敬を、あらゆる手段を尽くして助長しなければならない」。 

「権威を形成するための第一の基礎は人気である。人気と強制力が結合し、それらが共にある期間継続することができると権威はさらにもっと高い基礎の上で立ち上がることができる」。 

「国家を維持するだけの力とは、現実になんであるか、と問うならば、それを二三の言葉に要約しうる。すなわち全体のために個人を犠牲にする能力と意思である、と」。 

「民衆の圧倒的多数は、冷静な熟慮よりもむしろ感情的な感じで考え方や行動を決めるという女性的要素を持ち、女性的な態度を取る」。 

「国家は断固とした決意で民衆教育の新聞という手段を確保し、それを国家と国民の役に立たせなければいけない」。 

「この世界における最も偉大な変革は、決してガチョウの羽ペンでは導かれなかった。宗教的・政治的たぐいの偉大な歴史的雪崩を引き起こした力は、大昔から語られる言葉の魔力であった」。 



戻る




SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO